弁護士(東京弁護士会)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。九州大学グローバルイノベーションセンター(GIC)客員教授。慶應義塾大学SFC非常勤講師、同SFC研究所上席所員。note株式会社などの社外役員。IT、クリエイティブ、まちづくり分野のスタートアップから大企業までの新規事業、経営戦略等に対するハンズオンのリーガルサービスや先端・戦略法務に従事。行政や自治体の委員、アドバイザー等も務めている。著作に『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』、共著に『オープンデザイン参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』など。Twitter : @TasukuMizuno

Lawyer/Attorney at City Lights Law in Tokyo, specializes in Tech, Art and Design Law. He is also a board member of Creative Commons Japan and Arts and Law, a visiting professor at Kyushu University Global Innovation Center (GIC), a Part-time lecturer at the University of Keio University SFC, and a jury for the Good Design Award. He is the author of the book “Legal Design – Accelerating Creativity and Innovation through Law” and the co-translator of “Open Design”.

Twitter : @TasukuMizuno

経歴(役職、公職等)
・Arts and Law理事(2011-)
・Creative Commons Japan(特定非営利法人コモンスフィア)理事(2013-)
・九州大学グローバルイノベーションセンター(GIC)客員教授(2021-)
・慶應義塾大学SFC・非常勤講師(2019-)
・慶應義塾大学SFC研究所上席所員(2015-)
・東京大学人文社会系研究科文化資源学・非常勤講師(2019-2021)
・内閣府・知的財産戦略本部・構想委員会・コンテンツ小委員会・デジタル時代における著作権制度・関連政策の在り方検討タスクフォース・構成員(2020)
・JST/RISTEX・科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム・プログラムアドバイザー(2020-)
・経済産業省・オンラインサービスにおける身元確認に関する研究会・委員(2020)
・note株式会社(旧:ピースオブケイク)社外取締役(監査等委員)(2020-)
・JST/RISTEX・ゲノム倫理研究会メンバー(2019-)
・株式会社アブストラクトエンジン(旧:株式会社ライゾマティクス)・監査役(2019−)
・経済産業省・国際競争力強化に向けた日本企業の法務能強化の在り方研究会・実装WG・委員(2019)
・一般社団法人Public Meets Innovation・Big Picture Board(2018-)
・株式会社デジタリフト(旧:電子広告社)・監査役(2018-)
・スタートバーン株式会社 ・監査役(2018-)
・グッドデザイン賞・審査員(2018-2020)
・経済産業省・国際競争力強化に向けた日本企業の法務能強化の在り方研究会・委員(2018)
・株式会社tsumug・監査役(2017-)
・特許庁・デザインの創作活動の特性に応じた実践的な知的財産権制度の知識修得の在り方に関する調査研究・編集委員(2017)
・JST/RISTEX/HITE「日本的Wellbeingを促進する情報技術のためのガイドラインの策定と普及」メンバー(2016-2019)
・株式会社カブク・監査役(2015-2017)
・Fablic株式会社・社外監査役(2013-2016)
・京都精華大学・非常勤講師(2016)
・慶應義塾大学SFC研究所・上席所員(2015-)
・経済産業省・3Dプリンタ等による新たなものづくりの健全な発展に向けた委員会・委員(2015)
・総務省・ファブ社会の基盤設計に関する検討会・構成員(座長代理)(2015)
・総務省・ファブ社会の展望に関する検討会・構成員(2014)
・武蔵野美術大学・非常勤講師(2014)
・一般社団法人マザーアーキテクチャア・監事(2013-)

 

著作・論文等
【著作】
・『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』(フィルムアート、2017)
・『表現を究める スタディサプリ・三賢人の学問探究ノート』(ポプラ社、2021)
・『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために ーその思想、実践、技術』(共著、BNN、2020)
・『アナザー・ユートピア 「オープンスペース」から都市を考える』(共著、NTT出版、2019)
・『0→1(ゼロトゥワン)を生み出す発想の極意』(共著、日本経済新聞出版社、2018)
・『デジタルで変わる宣伝広告の基礎』(共著、宣伝会議、2017)
・『これからの僕らの働き方』(共著、早川書房、2017)
・『秩序なき時代の知性』(ポプラ新書、佐藤優氏との対談、2016)
・『オープンデザイン 参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』(共同翻訳・執筆、オライリー・ジャパン、2015)
・『クリエイターのための渡世術』(共著、ワークスコーポレーション2013)
【論文、記事等】
・「新しい社会契約〔あるいはそれに代わる何か〕について」(WIRED JAPAN、2019-)
・「ルールという制約が生み出す自由」(WORK MILL、2021)
・「データプライバシーとアイデンティティの行方」(YCAM「鎖国[Walled Garden]プロジェクト」、2021)
・「AI創作・生成物が変容させる創造性について」(人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)編著『S/N S氏がもしAI作曲家に代作させていたとしたら』、2021)
・「DXのためのリーガルデザイン」(三田評論、2021)
・「タクティカル・アーバニズムとルールメイキング」(LIXIL、2021)
・「新型コロナウイルスの影響を法的観点から鳥瞰するために」(WIRED JAPAN、2020)
・「ルールメイキングとハッキングを循環せよ」(WIRED JAPAN、2019)
・「著作権法のリーガルデザイン ver.1.0」(著作権研究、2019)
・「ストック社会における法の役割」(建築雑誌、2019)
・「ダウンロード違法化拡大法案から考えるネットビジネスの土壌」(ジュリスト、2019)
・「サイトブロッキングが殺したのは誰か」(新潮、2018)
・「クリエイターのための知財10問10答」(仙台クリエイティブ・クラスター・コンソーシアム、2018)
・「「フットボール・リークス」というサイファーパンク」(SHUKYU Magazine、2018)
・「「ぼくたちのインターネット」を取り戻すためにできること」(アンドリュー・キーン『インターネットは自由を奪う』(早川書房)解説、2018)
・「図書館のリーガルデザイン」(ライブラリー・リソース・ガイド、2017)
・「GitLaw 法令のバージョン管理の可能性と課題」(行政情報システム、2017)
・​「​3Dデータが知的財産法に提起する課題〜純粋/応用美術あるいは平面/立体の区別を超えて〜​」(パテント、2017)
・「オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために」(情報管理、2016)
・「イノベーターを支援するための次世代知財制度に向けて」(知財研フォーラム、2016)
・「21世紀法律相談所」(WIRED JAPAN、2016)
・「触発するアーカイブへ:アーカイブの権利処理と二次利用」(金沢21世紀美術館紀要、2016)
・「エイベックスはJASRACから離脱するのか」(ミュージック・マガジン、2016)
・「デザインの法的保護とその限界 五輪エンブレム問題を通して」(法学教室、2015)
・「誰もが共有可能な「余白」を設計するとき、法はイノヴェイションを加速させる」(WIRED、2015)
・「Europeana Fashion IPR Guideline」(翻訳、Vanitas、2015)
・「3Dプリンティングの法的課題とその解決」(システム/制御/情報、2015)
・「ルールを乗り越えるための創造性はいかに生まれるのか」(情報科学芸術大学院大学(IAMAS)紀要、2015)
・「風営法改正と都市のリデザイン」(ミュージック・マガジン、2015)
・「3Dプリンタがある社会の展望 〜法律家の視点を交えて〜」(パテント、2015)
・「法のデザイン 〜インターネット社会における契約、アーキテクチャの設計と協働」(Business Law Journal、2015)
・「高度情報化社会と文化芸術を豊かにするための著作権」(g-sphere、2014)