弁護士(東京弁護士会)
デザイン、ゲーム、映像、ウェブサービス/プラットフォームサービス、アプリ、建築、出版、アートに関連する分野、これらの交錯する領域に関してアドバイスを行う。業務範囲は、事業・サービスの法的側面の設計・方向性の決定について立ち上げ段階からの壁打ちを含む法律相談を通じた支援、作品制作に関する法律相談、資金調達を含む事業活動全般に関する契約関連業務から、著作権等の権利侵害、取締役等の会社機関や債権回収等に関する紛争・訴訟対応業務までをカバーしている。

Shinichiro Kurasaki is a partner of City Lights Law. He advises on the transactions in the fields of design, games, visual works, web services, platform services, application software, architecture, publishing, art and the mixture of those. His practice covers the advices on designing and making the direction of legal aspects of businesses or services including brainstorming at the stage of launch, legal advices on the production of works and contracting practices of general business activities including financing. He also covers conflicts/litigations arising during the process of those business activities or operations of services such as infringement of rights including copyrights, legal matters of corporate organizations such as liability of board directors and collection/compulsory execution etc.

経歴
・シティライツ法律事務所(2015-)
・企業法務/民事訴訟を扱う都内法律事務所(2013-2015)
・Arts and Law(2010-)。2014年から無料法律相談担当弁護士。
・民間企業にて事業計画業務に従事(-2009)

 

著作・論文
・『第3版インターネット新時代の法律実務Q&A』(共著・加除出版、2017)