弁護士(東京弁護士会)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(リーガルデザイン・ラボ)。グッドデザイン賞審査員。IT、クリエイティブ、まちづくり分野のスタートアップや大企業の新規事業、経営企画等に対するハンズオンのリーガルサービスや先端・戦略法務に従事。行政や自治体の委員、アドバイザー等も務めている。著作に『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』(フィルムアート)、『オープンデザイン参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』(オライリー・ジャパン、共同翻訳・執筆)など。Twitter : @TasukuMizuno

Attorney at City Lights Law Office in Tokyo, his specialities cover IP Law, Entertainment Law, Art Law, Internet Law, Information Law and so forth. He is also the representative director of “Arts and Law”​, is the co-director of “Creative Commons Japan (currently Commonsphere)”​, is the senior researcher of KEIO University Research Institute at SFC (Legal Design Lab), is the judge of “GOOD DESIGN AWARD” and is the member of “Fab Commons” (FabLab Japan), and quite active in Open Source projects, Sharing culture, new copyright definition for digital contents or digital fabrication.

Twitter : @TasukuMizuno

経歴
・Arts and Law理事(2011-)
・Creative Commons Japan(特定非営利法人コモンスフィア)理事(2013-)
・慶應義塾大学SFC研究所上席所員(2015-)
・スタートバーン株式会社 ・監査役(2018-)
・【経済産業省】国際競争力強化に向けた日本企業の法務能強化の在り方研究会・委員(2018)
・株式会社tsumug・監査役(2017-)
・【特許庁】デザインの創作活動の特性に応じた実践的な知的財産権制度の知識修得の在り方に関する調査研究・編集委員(2017)
・株式会社カブク・監査役(2015-2017)
・Fablic株式会社・社外監査役(2013-2016)
・京都精華大学・非常勤講師(2016)
・【経済産業省】3Dプリンタ等による新たなものづくりの健全な発展に向けた委員会委員(2015)
・【総務省】ファブ社会の基盤設計に関する検討会・構成員(座長代理)(2015)
・【総務省】ファブ社会の展望に関する検討会・構成員(2014)
・武蔵野美術大学・非常勤講師(2014)
・一般社団法人マザーアーキテクチャア・監事(2013-)

 

著作・論文
【著作】
・『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』(フィルムアート、2017)
・『デジタルで変わる宣伝広告の基礎』(宣伝会議、共著、2017)
・『これからの僕らの働き方』(早川書房、インタビュー、2017)
・『秩序なき時代の知性』(ポプラ新書、佐藤優との対談、2016)
・『オープンデザイン 参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』(オライリー・ジャパン、共同翻訳・執筆、2015)
・『クリエイターのための渡世術』(ワークスコーポレーション、共著、2013)
【論文等】
・「サイトブロッキングが殺したのは誰か」(新潮、2018)
・「図書館のリーガルデザイン」(ライブラリー・リソース・ガイド、2017)
・「GitLaw 法令のバージョン管理の可能性と課題」(行政情報システム、2017)
・​「​3Dデータが知的財産法に提起する課題〜純粋/応用美術あるいは平面/立体の区別を超えて〜​」(パテント、2017)
・「オープンアクセスとクリエイティブ・コモンズ採用における注意点:開かれた研究成果の利活用のために」(情報管理、2016)
・「イノベーターを支援するための次世代知財制度に向けて」(知財研フォーラム、2016)
・「触発するアーカイブへ:アーカイブの権利処理と二次利用」(金沢21世紀美術館紀要、2016)
・「エイベックスはJASRACから離脱するのか」(ミュージック・マガジン、2016)
・「デザインの法的保護とその限界 五輪エンブレム問題を通して」(法学教室、2015)
・「Europeana Fashion IPR Guideline」(翻訳、Vanitas、2015)
・「3Dプリンティングの法的課題とその解決」(システム/制御/情報、2015)
・「ルールを乗り越えるための創造性はいかに生まれるのか」(情報科学芸術大学院大学(IAMAS)紀要、2015)
・「風営法改正と都市のリデザイン」(ミュージック・マガジン、2015)
・「3Dプリンタがある社会の展望 〜法律家の視点を交えて〜」(パテント、2015)
・「法のデザイン 〜インターネット社会における契約、アーキテクチャの設計と協働」(Business Law Journal、2015)
・「高度情報化社会と文化芸術を豊かにするための著作権」(g-sphere、2014)