MISSION

法を駆使して
創造性、イノベーションを最大化する

シティライツ法律事務所は、After the Internetのテクノロジー、ビジネス、カルチャーに対する深い理解を前提としたリーガルサービスを提供する法律事務所です。私たちは、法律や契約といった法に関する様々なスキルや経験を駆使して、クライアントの創造性やイノベーションを最大化することをミッションとして掲げています。法律家としての専門性を当然の前提としつつも、既存の枠組みや固定観念にとらわれない「姿勢」により選択される、個性を持った少数精鋭の法律事務所を志向しています。

弊所のメンバーは、インターネットを含むICT、メディア、まちづくり、エンタテインメント、アート分野で活躍するクライアントの案件を多数取扱っていることに加え、まだ法やルールが十分に整備がなされていない新しい分野の戦略法務にも積極的に取り組んでいます。事務所名は、ビートニク文学の発祥の地であり、アメリカ西海岸の知や文化の発信地でもある、サンフランシスコの「City Lights Books」に由来します。私たちは、クライアントが安心して思い切り走れるように、クライアントと同じ目線で併走しながら、クライアントが進む道を照らす松明のような存在でありたいと願います。そして、街に灯りをともすように、日本のクリエイティブなビジネスやカルチャーを世界に発信してくためのお手伝いをしていきます。

Using the legal framework to
maximize creativity and innovation

City Lights Law provides legal services with a deep, foundational knowledge of the technology and business of, and culture in, the post-Internet society. With a mission to maximize our clients' creativity and innovation, we aim to utilize our legal skills and capitalize on our experiences. While providing world-class legal expertise, we operate from a unique problem-solving stance that moves beyond pre-existing assumptions or rigidly fixed concepts.

Founded in Tokyo in January, 2013, City Lights Law works with clients in such varied fields as tech, media, urban/community development, entertainment, and art. Furthermore, we enthusiastically engage in structuring legal strategies in areas where rules are not yet sufficiently established. Our firm name pays homage to City Light Bookstore in San Francisco, a central locus of Beat Generation literature. Like a beacon that lights the way, we hope to be indispensable to our clients as they head into uncharted territory, and in doing so, we aspire to help transmit Japan’s creative businesses and culture globally.

ブランドマークについて:

Art direction : AKIRA TAKUBO

Photo : MUNEMASA TAKAHASHI, TOMOFUMI USA